×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■月を見上げた。■


01.ポラリス。
02.片割れ月に君を想ふ。
03.十六夜の月。(いざよいのつき)
04.朧月夜に杯を。(おぼろづきよにさかずきを)
05.ブルームーン。
06.月が綺麗ですね、とその人は笑った。



月をテーマにしたお題でゴザイマス。
一応説明もくっつけとくべきかな?
以下ご参考にどうぞ。
でもその通りの意味に取らないでももちろんOKです!


01.現在の北極星のこと。こぐま座の一番明るい星。
02.片割れ月はまんま半分の月のこと。弦月。秋の季語でもあるそうな。
03.十五夜に遅れてためらい(いざよい)ながら昇るので十六夜はためらいの意味を持つのだそう。別名有明の月。
04.春の宵にかすんだ月を朧月といい、それが浮かんだ夜を朧月夜と呼びます。
05.月に二度目の満月をこう呼ぶそうな。滅多に無いことなので珍しい事を指す意味に使われるとのこと。ちなみに一度目はファーストムーン。
06.夏目漱石の有名なお話から。I LOVE YOUを「月が綺麗ですね」と訳す。なんとも叙情的ですなぁ。